【画像表示位置の設定】を使用すると画像が正常に表示されない可能性があります
文字量によってレイアウトが崩れる場合があります

奈良おもちゃ美術館

おもちゃ学芸員募集しています。

気軽に集い、誰もが働ける。
コミュニティ&インクルーシブ

FSS35キャンパス内の7号館にオープンします。様々な遊びを、奈良の特徴である「通り」で分け、遊びの中に、三郷町や奈良県の文化的特徴を取り入れました。
また、地域の子どもたちや子育て中の親が交流を深める場所であると同時に、どなたでも集い、働くことができる、障がいのある方を対象とした就労支援施設も併設したインクルーシブな場所となります。 この建物の1階は、ライブラリーカフェやギャラリー、ミュージアムショップの機能を有し、地域住民の皆さまが気軽に集える、コミュニケーションが取りやすい場所をめざします。 
実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。

お知らせ

  • おもちゃ学芸員養成講座を開催しました。

    6月8日と9日の2日間、奈良県三郷町文化センターにて開催しました。
    https://www.lemonkai.or.jp/information/2024/06/17/19312/
  • おもちゃ学芸員(ボランティア)を募集しています。

    ※現在4期まで満席のため募集終了しました。開館後の2025年6月に5期を予定しております。

    2025年春にオープン予定の「奈良おもちゃ美術館」でいっしょに活動いただける「おもちゃ学芸員(ボランティア)」を募集しています。 下記よりお申し込みいただけます。※詳しくはこのページの下方をご覧ください。
    https://forms.gle/k9bF64uAka8Y4Ahy9
  • メディア

    奈良県三郷町の広報誌「さんごう」の5月号に記事が掲載されました。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

    ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

About us

奈良おもちゃ美術館(仮称)について

おもちゃ美術館とは?

あかちゃんからお年寄りまで豊かな出会いと楽しみを体感できるミュージアム。
木のぬくもりを感じながら室内空間でおもちゃに触れて遊べる「おもちゃ美術館」は全国に12館あります。
関西では初の開館で、奈良は13館目になります。

三郷町立の体験型ミュージアム
「奈良おもちゃ美術館」

国籍や年齢、障がいの有無に関係なく、全ての人が学び、働き、交流を目的とするFSS35 キャンパスに、三郷町が2025年春に「奈良おもちゃ美術館(仮称)」をオープンします。
運営はわたしたちソーシャルインクルージョンの実現を目指す「社会福祉法人 檸檬会」が担い、地域の方や障がいのある方など、多様な人が集い・働くことを通じて新たな価値を創造できるインクルーシブな拠点を目指します。

  • 三郷町にお住まいの方が気軽に集えるコミュニティ
  • 自立型就労支援の場としてのインクルーシブ拠点
  • 地域に必要な機能を備え、FSS35キャンパスのシンボル的複合施設

ライブラリーカフェ&ギャラリー

1階部分のライブラリーカフェには、児童書から福祉に関する専門書まで幅広く取り揃え、どなたでも自由に読むことができます。コーヒーをはじめとしたドリンクやパンなどの軽飲食を提供し、地域で子育てをしている方など気軽に集まれる憩いの場をつくります。
アートギャラリーには、子どもや障がいのある方による作品を展示するなど、三郷町におけるアート文化発信の場にします。

おもちゃ学芸員

おもちゃ学芸員は、お客様にワクワクとドキドキを伝える 「おもちゃ」と「遊び」の伝道師です。
「おもちゃ学芸員養成講座」を受講いただき、ボランティアスタッフとして活動できます。

奈良おもちゃ美術館だけの特徴

-伝承あそび-
奈良のまちを表現し、コマや石はじきをはじめとする昔懐かしい伝承あそびを楽しむ事ができます。
-創造あそび-
「千本桜」を思わせる空間で、「桜つみき」で遊べます。館内には、香りが豊かな吉野杉を使用します。
-ごっごあそび-
関西の食文化・大和野菜やフルーツに見立てたおもちゃで遊べます。
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

奈良おもちゃ美術館での
「ボランティア活動」のご案内

4期まで満席のため募集終了(現在、キャンセル待ちです)。
開館後の2025年6月に5期を予定しております。

「おもちゃ学芸員」養成講座
受講生募集

奈良おもちゃ美術館の運営に欠かせないスタッフの1人として、新たに誕生する体験型ミュージアムで活動してみませんか?
来館された方にワクワクとドキドキを伝える「おもちゃ」と「遊び」の伝道師です。おもちゃの使い方や、館内の説明をするだけでなく、おもちゃの遊び方や奈良の自然や文化を伝える案内人として活躍いただける方、子どもと接するのが好きな方のご応募をお待ちしております。
活動条件
  • 18歳以上で、人と接するのが好きで子どもや多世代との交流を豊かにしたい方
  • 活動を通じて奈良・三郷町の魅力を発信したい、地域活性化に貢献したい方
  • おもちゃ美術館の目指す「多世代交流」や「木育」の理念にご賛同いただける方
  • 月2回程度、おもちゃ美術館での活動に継続的に参加いただける方

講座日程:第5期
2025年
6月7日(土)10:00〜16:00
6月8日(日)09:30〜13:00

定員

30名

費用
受講料:無料
実際に活動される場合は、会員登録料2,000円が必要です。(※保険料、資料代等含む)

申込方法
申込フォームよりお申し込みください。
申し込みフォームはこちらhttps://forms.gle/k9bF64uAka8Y4Ahy9

開催場所

奈良おもちゃ美術館 館内

問い合わせ先

社会福祉法人檸檬会(FSSキャンパス内 ソーシャルインクルージョンヴィレッジ5号館)
TEL:0745-44-3472

おもちゃ美術館の魅力

良質なおもちゃの普及
NPO法人芸術と遊び創造協会が主催する 「グッド・トイアワード」で選ばれた良質なおもちゃのみを展示した空間です。手に取って遊ぶことができます。
あかちゃんからはじめる木育推進
0~2歳児を対象とした遊びの空間。あかちゃんと保護者が心地よく過ごすことができます。あかちゃんの初めてのおでかけの場所として大変人気なお部屋です。
おもちゃの文化継承
100カ国10万点以上にも及ぶ収蔵品から、セレクトしたおもちゃを展示。伝統的なおもちゃから世界のおもちゃまで、珍しいコレクションに出会うことができます。
おもちゃの創作体験
紙コッやストローなど身近な材料を使った手作りおもちゃワークショッや電動のこぎりを使った木工体験を通じて、おもちゃの仕組みやモノづくりのプロセスを自分で考えて創ることを学びます。
伝承あそびの普及啓蒙
駒やけん玉など日本各地で親しまれている伝承遊びを紹介。紐で回す駒、けん玉 の5連や10連などチャレンジできる遊びを紹介します。世界のボードゲームやテールサッカーといった歴史ある遊びも紹介しています。
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

ACCESS

アクセス
住所
〒636-0821
奈良県生駒郡三郷町立野北3-12-7
FSS35キャンパス ソーシャルインクルージョンヴィレッジ7号館
アクセス
JR「三郷駅」より徒歩約20分
JR、近鉄「王寺駅」より、系統29番三郷町行きバスで湯ノ口下車、徒歩約7分
JR、近鉄「王寺駅」より車で約10分
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
奈良おもちゃ美術館へのお問い合わせはこちら

奈良おもちゃ美術館の
運営団体

ソーシャルインクルージョンヴィレッジ
社会福祉法人 檸檬会
ソーシャルインクルージョンヴィレッジとは、奈良県の大学跡地を利活用し、「ここで働き、学び、遊び、暮らす。すべての人が躍動できる社会」をコンセプトとした、教育と福祉の総合拠点です。地域に根ざした、誰もが生きがいを持って共に暮らせるコミュニティをつくります。

※レイモンドヴィレッジはソーシャルインクルージョンヴィレッジに名称を変更しました。